コラムコラム

2016/11/9

ナチュラグラッセのはじまり物語。すべての女性にメイクアップを楽しんでほしいから。

ナチュラグラッセイメージ

ご存じの方も多いかと思いますが、ナチュラグラッセのメイク製品はすべて自然素材※1を原料としています。
にも関わらず、美しい発色や仕上がり、感触、肌への美容効果など、数あるメイクアップブランドの一つとして、こだわりぬいた製品づくりをしています。
今回は、そんなナチュラグラッセの誕生秘話をお届けします。

ベンチマークが無い!?ゼロから開発したこだわりの処方※2

化粧品に限らず商品を消費者に向けて販売するメーカーでは、新しい商品を開発する際には、「ベンチマーク」と呼ばれる参考商品を準備することが多くあります。
つまり作りたい新商品のお手本として、すでに一般向けに販売されている商品のなかから数点選びだし、それらを手本としつつも更なる改良を加えて新しい商品を作り上げるというわけです。
ただ、ナチュラグラッセの開発を始めた当時は、天然由来または天然物を加工した原料のみを使用し、かつ使用感が良いメイクアップ製品は、日本ではほとんど販売されていませんでした。
そこで、ベンチマークには一般の化粧品を設定し、その使用感や品質を自然由来原料だけで実現することを目指したのです。
こうして、繊細な感覚で使用感や色だけではなく、原料にまでこだわりをもつすべてのお客様が、心からメイクアップを楽しむことができる製品開発へのスタートを切ったのです。

それは、一つのアイデアから

ナチュラグラッセの製造・販売を行う株式会社ネイチャーズウェイは、1974年に創業し、当初は英国の自然化粧品「サンダース・ペリー」の輸入販売から事業をスタートさせました。
化粧品メーカーとしての歴史は1991年よりスタート。
以来、自然素材やオーガニック原料にこだわったスキンケア製品の製造を続けていました。
そのようなこだわりをもって、長年スキンケアの製造を行ってきた経験と技術を生かしながら、ナチュラグラッセの開発はスタートしました。
先にも書いたように、自然由来原料だけでつくられたメイクアップ製品が日本に無かったため、処方※2開発は手探り状態。それでも開発を始めた当初、それを支える一つのアイデアがありました。
そのアイデアとは、「スキンケアの処方に色を入れてみては…?」というものでした。

そしてとうとう、2008年9月、ナチュラグラッセの記念すべき最初のコレクションが誕生しました。
ナチュラグラッセが得意とする、リキッドタイプのベースメイクは発売当初からラインナップ。
スキンケアの処方※2に色を入れてみるのはどうか、というアイデアからスタートし開発がすすめられた結果として、一般的な化粧品に負けないほどの使い心地がよく日本人の肌色になじみ、そのうえ美容成分の入ったベースメイクが生まれたのです。
また、ポイントメイクアップに使用した色素ももちろんすべて天然素材です。
天然素材では難しいとされてきた鮮やかな「赤い」ルージュの開発にも成功、アイカラーなどもファッション性の高いカラーバリエーションで、メイクをファッションとして楽しみたいお客様の要望にも応えることができました。

「さあ、美しさを召しあがれ」
誕生当時のこの艶やかなコピーには、このような革新的な製品を誕生させた開発チームの誇りと自信が隠されているといえるでしょう。

※1 天然由来または天然物を加工した原料
※2 化粧品を製造するためのレシピのようなもの

>ナチュラグラッセの製品情報へ
>お取扱い店舗へ
>イベントや新製品などニュースへ
>他のコラムもぜひお読みください



  • カート(0点)
  • ご注文金額
    0
カートを見る

あと5,400円で
送料無料

あと5,400円で
送料無料

TOPTOP