INGREDIENTS LABEL 商品成分一覧INGREDIENTS LABEL 商品成分一覧

あ行

  • アオモジ果実油
    精油
    リツェアクベバ油。リツェアクベバの果実から得られる。
  • アニス酸
    香料
    スターアニス油またはバジル油から得られる成分。製品の品質を保持する。
  • アニス酸Na
    香料
    スターアニス油またはバジル油から得られるアニス酸のナトリウム塩。製品の品質を保つ作用のある成分。
  • アボカド油
    油脂類
    アボカドの果肉から得られる油脂。ビタミン類を豊富に含む。
  • アラビアゴム
    増粘剤
    アカシア科の植物の樹皮から得られる高分子多糖類。
  • アルガニアスピノサ核油
    油脂類
    アルガンの核から得られる油脂で一般にアルガンオイルと呼ばれる。
  • アルギニン
    保湿剤
    サトウキビなどから発酵によってできるアミノ酸。
  • アルミナ
    ミネラル
    天然ミネラルから得られる酸化アルミニウム。なめらかな感触を与える。
  • アロエベラ葉エキス
    美容成分
    アロエベラの葉から得られる美容成分。水分保持力が高く、植物性ヒアルロン酸といわれる。
  • アロエベラ葉水
    美容成分
    アロエベラの葉から得られる水。
  • イソステアリン酸水添ヒマシ油
    油性成分
    植物油(ヤシ油、ナタネ油等)から得られる脂肪酸(イソステアリン酸)と水素添加したヒマシ油からなる油性成分。
  • イソステアリン酸ソルビタン
    乳化剤
    植物油(ヤシ油、ナタネ油等)から得られる脂肪酸(イソステアリン酸)とブドウ糖から得られるソルビトールからなる乳化剤。
  • イランイラン花油
    精油
    イランイランの花を水蒸気蒸留して得られる。
  • ウンデシレン酸グリセリル
    乳化剤
    植物油(パーム油等)から得られる脂肪酸(ウンデシレン酸)とグリセリンからなる乳化剤。
  • エーデルワイスエキス
    美容成分
    エーデルワイスから抽出される美容成分。
  • エタノール
    抽出溶媒
    サトウキビ等の穀物由来のアルコール。
  • エピロビウムフレイスケリエキス
    美容成分
    エピロビウムフレイスケリ(ヤナギランの一種)から抽出される美容成分。
  • 塩化Na
    ミネラル
    海水から得られる塩。
  • オクチルドデカノール
    油性成分
    ヤシ油などから得られる保湿性をもつ高級アルコール。液状の成分で揮発しない。
  • オタネニンジン根エキス
    美容成分
    オタネニンジン(高麗人参)から抽出される美容成分。
  • オリーブ油
    油脂類
    オリーブの果実から得られる油脂。
  • オレンジ油
    精油
    オレンジの果皮から圧搾法で得られる。
  • オレンジ油(リップ類)
    フレーバー
    オレンジの果皮から圧搾法で得られる。食品として認可されている100%天然フレーバー。

か行

  • カカオ脂
    油性成分
    カカオの種子から得られる油脂。
  • カニナバラ果実油
    油脂類
    ノバラの果実(ローズヒップ)から得られる油脂。
  • カプリル酸グリセリル
    油性成分
    植物油(ヤシ油、パーム核)から得られる脂肪酸(カプリル酸)と植物油(ヤシ油、パーム油等)から得られるグリセリンからなる乳化剤。
  • (カプリル酸/カプリン酸)ヤシアルキル
    油性成分
    植物油(ヤシ油・パーム核)から得られる脂肪酸(カプリル酸)とヤシ油から得られる高級アルコールからなる油性成分。シリコンのような感触をもつ。
  • カポック繊維
    パウダー
    シルクコットンツリーの実から得られる繊維質。皮脂を吸収する働きやソフトフォーカス効果がある。
  • カルナウバロウ
    油性成分
    (ロウ類)
    カルナウバヤシの葉から得られる植物性のロウ。光沢を与える。
  • カルミン
    色素
    中南米産のサボテンに寄生するコチニール虫から得られる紅色の色素。食品の添加色素としても使用される。
  • 含水シリカ
    ミネラル
    水を含んだシリカ(ケイ酸)で、酸化チタン等の表面処理剤としても使用される。
  • キサンタンガム
    増粘剤
    ブドウ糖をキサントモナス属菌を用いて発酵させて得られる天然の高分子。増粘剤として使用される。
  • キサントフィル
    美容成分
    マリーゴールド抽出物から精製、結晶化されたカルテノイドの一種、ルテイン。
  • キャンデリラロウ
    油性成分
    (ロウ類)
    キャンデリラ植物の茎から得られる植物性の固体ロウ。光沢を与える。
  • キャンデリラロウエキス
    油性成分
    (ロウ類)
    キャンデリラロウから得られる樹脂。
  • キャンデリラロウエステルズ
    油性成分
    (ロウ類)
    キャンデリラロウから得られるエステル油。
  • キャンデリラロウ炭化水素
    油性成分
    (ロウ類)
    キャンデリラロウから得られる炭化水素。
  • クエン酸
    pH調整剤
    タピオカなどを発酵して得られる有機酸。pH調整として使われる。
  • クエン酸Na
    pH調整剤
    タピオカなどを発酵して得られるクエン酸の塩。pH調整として使われる。
  • クランベリー種子油
    油脂類
    クランベリーの種子から得られる油脂。
  • グリセリン
    保湿剤
    皮膚にも存在する、植物油(ヤシ油、パーム油等)から得られる保湿剤。
  • グリチルレチン酸ステアリル
    保湿剤
    甘草の根から得られるグリチルレチン酸と、植物油(大豆油等)から得られる高級アルコール(ステアリルアルコール)からなる成分。
  • グルコン酸銅
    ミネラル
    とうもろこし等から得られるグルコン酸とミネラル成分の銅からなる成分。
  • グレープフルーツ果皮油
    精油
    グレープフルーツの果皮から圧搾法で得られる。
  • グンジョウ
    ミネラル
    天然ミネラルから作られる青色粉末。以前はラピスラズリから取り出されていた。
  • ケイ酸(Al/Mg)
    増粘剤
    天然の含水ケイ酸アルミニウム・マグネシウムで、ゲル化剤として働く。顔料分散性にも優れる。
  • 合成金雲母
    ミネラル
    酸化マグネシウム、酸化アルミニウム、珪フッ化カリウム等を原料として、高温で溶融合成して得られるマイカ。
  • 香料
    天然精油もしくは天然精油から単離した成分の総称。
  • ココイルアルギニンエチルPCA
    分散剤
    ヤシ油由来の脂肪酸ととうもろこしなどから得られる糖蜜を発酵させたアミノ酸からなる分散剤。
  • ゴマ油
    油脂類
    ゴマの種子から得られる油脂。独特の成分として、セサミン、セサモールなどを含む。
  • コメヌカロウ
    油性成分
    (ロウ類)
    コメヌカから得られるロウ。
  • コンジョウ
    ミネラル
    青色~紫青色の粉末の青色顔料。金属酸化ミネラル由来の鉄酸化物。

さ行

  • 酸化亜鉛
    ミネラル
    亜鉛の酸化物。紫外線散乱剤として使用される。
  • 酸化銀
    ミネラル
    鉱物として得られる銀を安定化した銀溶液。製品の品質を保持する。
  • 酸化スズ
    ミネラル
    スズを高温で燃焼させて得る酸化物。無機顔料として使用され、金雲母の表面光沢を与える。
  • 酸化チタン
    ミネラル
    イルメナイト鉱より製造される白色顔料。微粒子タイプのものは紫外線散乱剤として使用される。
  • 酸化鉄
    ミネラル
    鉄の酸化状態により、黄酸化鉄、赤酸化鉄、黒酸化鉄の3色があり、混合する割合により様々な色の調整が可能。
  • シア脂
    油性成分
    シアの種子から得られるバター状の油脂。
  • ジステアリン酸Al
    分散剤
    植物油(大豆油等)から得られる脂肪酸(ステアリン酸)と、水溶性アルミニウム塩を反応させて得られる。分散剤として使用される。
  • ジミリスチン酸Al
    分散剤
    植物油(ヤシ油)から得られる脂肪酸(ミリスチン酸)と、水溶性アルミニウム塩を反応させて得られる。分散剤として使用される。
  • シリカ
    ミネラル
    無水ケイ酸。岩石中に石英として含まれる。酸化亜鉛、酸化チタンの分散性向上のための表面処理剤として使用される。
  • 水酸化Al
    ミネラル
    酸化アルミニウムに水を付加したもの。分散性向上のための表面処理剤として使用される。
  • 水添ナタネ油アルコール
    油性成分
    ナタネ油から得られる保湿性をもつ高級アルコール。ロウ状の成分で揮発しない。
  • 水添パーム核油
    油脂類
    アブラヤシの種子から得られたパーム核油を酸化安定性向上のために水素添加して得られる油脂。
  • 水添パーム油
    油脂類
    アブラヤシの果肉から得られたパーム油を酸化安定性向上のために水素添加して得られる油脂。
  • 水添ヒマシ油
    油脂類
    ヒマシ油に酸化安定性向上のために水素添加して得られる白色の固形油。化粧品の伸びや粘度調整に使用される。
  • 水添ヤシ油
    油脂類
    ココヤシから得られたヤシ油を酸化安定性向上のために水素添加して得られる油脂。
  • 水添レシチン
    乳化剤
    大豆油から得られる植物性乳化剤であるレシチンを水素添加して安定化したもの。天然の乳化剤として、食品や医薬品などにも広く使われている。
  • スクロース
    保湿剤
    サトウキビやサトウダイコン等から得られる糖。ショ糖。
  • スクワラン
    油性成分
    オリーブ油から抽出される油性成分。皮脂にも含まれている。
  • ステアリン酸
    油性成分
    植物油(大豆油等)から得られる脂肪酸。
  • ステアリン酸Mg
    分散剤
    植物油(パーム油)から得られる脂肪酸(ステアリン酸)のマグネシウム塩。分散剤として使用される。
  • ステアリン酸グリセリル(SE)
    乳化剤
    植物油(大豆油等)から得られる脂肪酸(ステアリン酸)と、植物油(ヤシ油、パーム油等)から得られるグリセリンからなる乳化剤。
  • 色素
    樫を燃焼させて得られる炭。備長炭。
  • セイヨウシロヤナギ樹皮エキス
    美容成分
    セイヨウシロヤナギ科の木の樹皮から得られる成分。
  • セイヨウニワトコ花エキス
    美容成分
    セイヨウニワトコから抽出される美容成分。
  • セージ葉エキス
    美容成分
    セージ(葉)から抽出される美容成分。
  • セスキイソステアリン酸ソルビタン
    乳化剤
    ナタネ油などから得られる脂肪酸ととうもろこし等から得られるソルビトールからなる乳化剤。
  • セスキオレイン酸ソルビタン
    乳化剤
    パーム油から得られる脂肪酸(オレイン酸)ととうもろこし等から得られるソルビトールからなる乳化剤。
  • ゼニアオイ花/葉/茎エキス
    美容成分
    ゼニアオイ(マロウ)から抽出される美容成分。
  • ソルビトール
    保湿剤
    とうもろこし等から得られる保湿成分。

た行

  • ダイマージリノール酸水添ヒマシ油
    油性成分
    大豆油などから得られるリノール酸を重合した脂肪酸と水素添加したヒマシ油からなる油性成分。ツヤを出す他、皮膜形成に優れる。
  • ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル
    油性成分
    主に大豆由来のエステル油。粘度の高い油剤のため、肌への密着性を向上させる。
  • ダイマージリノール酸ダイマージリノレイルビス(ベヘニル/イソステアリル/フィトステリル)
    油性成分
    植物油(ヒマワリ、ナタネ油等)から得られる脂肪酸や高級アルコール、大豆由来のフィトステロールからなる油性成分。エモリエント効果に優れる。
  • ダイマージリノール酸ジ(イソステアリル/フィトステリル)
    油性成分
    植物油(ヒマワリ、ナタネ油等)から得られる脂肪酸や高級アルコール、ダイズ由来のフィトステロールからなる油性成分。エモリエント効果に優れる。
  • ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)
    油性成分
    植物油(ヤシ油、ナタネ油等)から得られる脂肪酸や高級アルコール、大豆由来のフィトステロールからなる油性成分。エモリエント効果に優れる。
  • タピオカデンプン
    増粘剤
    タピオカから得られるデンプンで、増粘剤としても使用される。
  • タルク
    ミネラル
    天然に産する滑石を微粉末にしたもの。なめらかな感触を与える。
  • チタン酸(Li/コバルト)
    ミネラル
    酸化チタン、炭酸コバルト、炭酸リチウムの混合物を加熱焼成し、粉砕して得られる。
  • トウキンセンカ花エキス
    美容成分
    カレンドラから抽出される美容成分。
  • トコフェロール
    ビタミン類
    大豆油から得られる天然のビタミンE。
  • ドデカン
    油性成分
    ヤシ油、パーム核油の中から分子量の軽い部分だけを精製した油脂。
  • トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル
    油脂類
    ヤシ油由来の脂肪酸(カプリル酸、カプリン酸)とグリセリンとのトリエステル(油脂)。安定性に優れた天然由来の油脂。
  • トリイソステアリン
    油脂類
    植物油(ヤシ油、ナタネ油等)から得られる脂肪酸(イソステアリン酸)とグリセリンからなるトリエステル(油脂)。
  • トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2
    油性成分
    植物油(ヤシ油、ナタネ油等)から得られる脂肪酸(イソステアリン酸)と重合したグリセリン(ポリグリセリン)からなるエステル油。
  • トレハロース
    保湿剤
    とうもろこし等のデンプンを発酵させてできる糖類。

な行

  • ニオイテンジクアオイ油(ゼラニウム油)
    精油
    ゼラニウムを水蒸気蒸留して得られる。

は行

  • バニラ果実エキス(リップ類)
    フレーバー
    バニラの果実から得られる。食品として認可されている100%天然フレーバー。
  • パルミチン酸デキストリン
    増粘剤
    植物油(ヤシ油、パーム油等)から得られる脂肪酸(パルミチン酸)とデンプン由来の食物繊維(デキストリン)からなり、増粘安定剤として使用される。
  • (パルミチン酸/ヘキシルデカン酸)デキストリン
    増粘剤
    植物油(ヤシ油、パーム油等)から得られる脂肪酸とデンプン由来の食物繊維(デキストリン)からなり、増粘安定剤として使用される。
  • ヒアルロン酸Na
    保湿剤
    大豆由来のグルコースやアミノ酸などを、乳酸菌を用いて発酵させて得られる保湿剤。
  • ヒマシ油
    油脂類
    トウゴマの種子から得られる油脂。
  • ヒマワリ種子ロウ
    油性成分
    (ロウ類)
    ヒマワリの種子から得られるロウ。
  • ヒマワリ種子油
    油脂類
    ヒマワリの種子から得られる油脂。
  • フィチン酸
    安定化剤
    別名「イノシトール6リン酸(IP6)」。玄米やコメヌカなどに含まれる天然成分。
  • フラガリアチロエンシス果汁
    美容成分
    イチゴ果汁から得られるイチゴポリフェノールを高濃度に抽出した美容成分。
  • プルーン種子油
    油脂類
    プルーンの種子から得られる油脂。
  • プルラン
    保湿剤
    とうもろこし等のデンプンを発酵させてできる多糖類。
  • プロパンジオール
    保湿剤
    とうもろこしから作られる保湿剤。製品の品質を保持する。
  • ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル
    油性成分
    パームなどから得られる脂肪酸と、ブドウ果汁から得られるエリスリトールからなる油性成分。
  • ベヘニルアルコール
    油性成分
    ナタネ油から得られる保湿性をもつ高級アルコール。ロウ状の成分で揮発しない。
  • ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10
    乳化剤
    植物油(大豆油等)から得られる脂肪酸(ステアリン酸)と重合したグリセリン(ポリグリセリン)からなる乳化剤。
  • ホウケイ酸(Ca/Al)
    ミネラル
    ケイ酸とカルシウム及びアルミニウムから得られ、パール効果目的で使用される。
  • ホホバ種子油
    油性成分
    (ロウ類)
    ホホバの種子から得られる植物性の液体ロウ。植物油脂に比べ酸化安定性が良い。
  • ポリ-ε-リシン
    保湿剤
    とうもろこし等から発酵で得られるリジンが直鎖状につながったポリアミノ酸。製品の品質を保持する。食品でも応用されている。

ま行

  • マイカ
    ミネラル
    主成分が含水ケイ酸アルミニウムカリウムである天然ミネラル。白色顔料、パール効果目的で、メイク製品に広く使用される。
  • マカデミアナッツ脂肪酸エチル
    油性成分
    マカデミアナッツ由来の脂肪酸とエタノールから得られるべたつかないエモリエント剤。植物由来でありながらシリコンのような使用感。
  • マカデミアナッツ油
    油脂類
    マカデミアの種実から得られる油脂。パルミトレイン酸を含有しているので感触に優れる。
  • ミツロウ
    油性成分
    (ロウ類)
    ヨーロッパミツバチやトウヨウミツバチなどのミツバチの巣から得られるロウ。
  • ミリスチルアルコール
    油性成分
    ヤシ油などから得られる保湿性をもつ高級アルコール。ロウ状の成分で揮発しない。
  • ミリスチン酸オクチルドデシル
    油性成分
    ヤシ油などから得られる脂肪酸(ミリスチン酸)と、ヤシ油などから得られる高級アルコール(オクチルドデカノール)からなる油性成分。
  • ミリスチン酸ポリグリセリル-10
    乳化剤
    植物油(ヤシ油、パーム油、パーム核油)から得られる脂肪酸グリセリンからなる乳化剤。
  • ミリストイルプルラン
    皮膜形成剤
    ヤシ油などから得られる脂肪酸(ミリスチン酸)と、とうもろこし澱粉から得られるプルランからなる皮膜形成剤。
  • ムラサキバレンギクエキス
    美容成分
    エキナセアから抽出される美容成分。
  • モクロウ
    油脂類
    ハゼノキの果皮から得られる油脂。主成分はパルミチン酸でオレイン酸、ステアリン酸なども含む。製品の成形成分として配合される。
  • モツヤクジュ油
    精油
    ミルラの樹脂を水蒸気蒸留して得られる。

や行

  • 野菜油
    油脂類
    パーム、ヤシ、アブラナ種子などから得られる混合油脂。
  • ヤシ脂肪酸ソルビタン
    乳化剤
    ヤシ油由来の脂肪酸と、とうもろこしから得られるソルビトールからなる乳化剤。
  • ヤシ油
    油脂類
    ココヤシの種子より得られる油脂。
  • ユズ果皮油
    精油
    ユズの果皮から得られる。
  • ユチャ種子油(ユチャ油)
    油脂類
    山茶花の種子から得られる油脂。オレイン酸を多く含むため、伸びがよく酸化安定性に優れる。

ら行

  • ラウリン酸ポリグリセリル-5
    乳化剤
    ヤシ油由来の脂肪酸(ラウリン酸)とグリセリンからなる乳化剤。
  • ラウリン酸ポリグリセリル-10
    乳化剤
    ヤシ油由来の脂肪酸(ラウリン酸)とグリセリンからなる乳化剤。
  • ラウリン酸メチルヘプチル
    油性成分
    ヤシ油由来の脂肪酸(ラウリン酸)とヒマシ油由来の高級アルコール(2-オクタノール)からなる油性成分。
  • ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)
    油性成分
    ヤシ油由来の高級アルコール、アミノ酸、大豆由来のフィトステロールからなる油性成分。セラミド類似物質。
  • ラウロイルリシン
    油性成分
    ヤシ油由来の脂肪酸(ラウリン酸)とアミノ酸(リジン)からなる。酸化チタンの表面処理剤として使用される。
  • ラベンダー油
    精油
    ラベンダーの花を水蒸気蒸留して得られる。
  • 硫酸Ba
    ミネラル
    天然のミネラル。柔らかい感触を与えるベース顔料。
  • リンゴタンニン
    保湿剤
    リンゴの果実から得られるポリフェノール。
  • レウコノストック/ダイコン根発酵液
    美容成分
    ダイコンの根を乳酸桿菌(レウコノストック菌)で発酵させて得られる。製品の品質を保持する。
  • レブリン酸Na
    保湿剤
    デンプンから得られるレブリン酸のナトリウム塩。製品の品質を保つ作用のある成分。
  • レモン果皮油(リップ類)
    フレーバー
    レモンの果皮から得られる。食品として認可されている100%天然フレーバー。
  • レモングラス油
    精油
    レモングラスの葉を水蒸気蒸留して得られる。
  • ローズウッド木油
    精油
    ローズウッドの木部を水蒸気蒸留して得られる。
  • ローズ油
    精油
    バラの花から溶剤抽出法によって得られる。
  • カート(0点)
  • ご注文金額
    0
カートを見る

あと5,400円で
送料無料

あと5,400円で
送料無料

TOPTOP